kawakami kawakami イベント情報 来場予約 来場予約 資料請求 資料請求

MENU

Blog

ブログ

スタッフブログ

建築用語について

2024.01.29

こんにちは!営業部の藤井です!

本日は建築用語、「サブロク」についてご紹介いたします!

建築現場でよく使われます。「サブロク」

文字に起こすと3×6と書きます。

意味は「3尺×6尺のサイズ」のことです。

尺とは、mmやcmが普及する以前に使われていた長さを図る単位で、

1尺=約30.3cmになります。

ですので、サブロク(3×6尺)は910mm×1820mmということになります。

標準的なサイズの畳1畳分と考えていただけるとイメージしやすいと思います。

また一般的に壁面や天井の材料として使う石膏ボードや合板も、このサブロクサイズが標準サイズとして用意されています。

川上建設の大工さんは経験豊富で910mmは手を広げた感覚でピッタリ当てることが出来ます。

職人さんは本当に尊敬します。

 

同じカテゴリーのブログ