kawakami kawakami イベント情報 来場予約 来場予約 資料請求 資料請求

MENU

Blog

ブログ

スタッフブログ

子育てエコホーム支援事業に向けて大切なコト

2023.12.03

広報の大田です。
今年お引き渡しをしたこのお家、スタイリッシュでカッコいいんです♪
お洒落なお店と間違えてしまいそうになる外観で私は大興奮しました!!

はい。
今回は、子育てエコホーム支援事業の申請までの流れとタイムスケジュールをテーマに、
現在公表されている情報を元にお伝えしていこうと思います。子育てエコホーム支援事業の概要はこちらをクリック

手続きの流れ

国土交通省が発表している新築住宅での手続きの流れはこちら。

12月3日時点ではまだ事業者登録も始まっておりませんので、一番左端の閣議決定の所になります。
そして申請は登録事業者が行います。
ここで重要なのは、新築は基礎工事より後の工程への着手という点です。
これは前回の、こどもエコすまい支援事業でも交付申請時の確認項目の1つでした。
予算枠がギリギリの時に急いで申請しようとしても、間に合わないケースが出てきてしまいます。
全体のスケジュールを確認しながら余裕を持ったスケジューリングをしていく事が重要です!

重要なのはタイムスケジュール

こどもエコすまい支援事業では、交付申請の受付開始の3月31日から6月22日(約3ヵ月)で予算上限枠の50%を超えていました。(予算上限まで埋まるまでは約6ヵ月でした。)
今から、補助金額100万円の長期優良住宅でマイホーム計画を始めると、
基礎工事完了まで約6ヵ月はかかる可能性があります。
そうなると、交付申請するのが5月。こどもエコすまい支援事業では5月31日時点で39%でしたので、間に合う可能性が高いスケジューリングだと思われます。

全体のスケジュール管理は家づくりをしていく中で大切な要素です。
少しでも家づくりに興味がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

来場予約はこちらから

同じカテゴリーのブログ