投稿

FMくらしき「のりさんが行く!」
2015年1月放送

2015.1.31

☆FM kurasiki norisan ga iku☆
 今年も【FMくらしき】「のりさんが行く!」がはじまりました!!
 毎年パワーUP!している、のりさんの想いを大谷さんと一緒に楽しく発信してまいりますので
 
 皆さま、是非お聞きくださいませ~ ♪
 
2015年1月23日(金)

今回のテーマは!!!
川上建設のこだわり:高断熱・高気密・24時間計画換気 壁体内無結露50年保証の家「FPの家」
          

明けましておめでとうございます、今年も1年間宜しくお願いします。
まずは川上建設㈱の今年の抱負ですが

・変化への対応、準備、実行
・やはり一番は健康第一です。(健康でないと良い仕事ができません)
 我々の仕事は現場の労働災害に繋がるからです。

今年は、壁体内無結露50年保証の家=FPの家が30周年の年になります。

今現在全国の累積棟数が約4万7,000棟

弊社もH2年にFPグループに加入し「FPの家」を導入して早、25年になりました。
累積棟数が212棟
今では壁体内無結露50年保証がありますが、発足当時の「FPの家」は保証はついていませんでした。

歴史
・1985年30年前に「FPの家」が誕生
・1986年「FPグループ」発足
・1990年(H2年)「FPグループ中四国」が発足し、川上建設加入
 20年間「FPグループ中四国」会長を川上建設前社長が務める
・1995年(H7年)全棟気密測定(C値)実施
・1996年(H8年)壁体内無結露30年保証を開始 今から19年前
・1999年(H11年)業界初の水発砲による「水発砲ウレタン断熱パネル」を三菱化学(株)
 と共同開発。地球温暖化防止効果の高い家づくりを可能。
 当時、新聞にも掲載されました。
・2000年(H12年)「FP総合保証制度」開始、建築中、建築後の保証をグループで実施
 また全棟風量測定(換気測定)実施、熱損失係数(Q値のちのUa値)計算を義務化
・2001年(H13年)「FP遮熱パネル」開発。屋根の遮熱断熱材により、高気密・高断熱に加え高遮熱性能も備えた高性能住宅に。同時期、天井パネル開発
・2002年(H14年)耐震実験開始
・2004年(H16年)室内環境測定を開始
・2006年(H19年)壁体内無結露50年保証に延長さらなる高耐久住宅に
 今から8年前
上記は「FPの家」の簡単な歴史です。
こうして振り返って見ても「FPの家」が進化しているのがわかると思います。

仕様条件の変化について
① FPパネル(硬質ウレタン)当時は、床と壁パネルしかなかった
現在:床、壁、天井、屋根のFPパネルがある。

② 樹脂サッシ又樹脂アルミ複合サッシ
現在:樹脂サッシ

③ 換気システム(第3種換気システム)、(第1種換気システム)
弊社「炭の家」導入後、第2種換気システム

① ~③はFPの家の絶対的な決まり事で誕生当時とは変わっていません。

C値の変化について
誕生時のC値4~5/㎡でしたが弊社の25年前の「FPの家」でも窓の結露はありません。
1996年(H8年)2.0/㎡以下で壁体内無結露30年保証
2006年(H19年)0.7/㎡以下で壁体内無結露50年保証
また、年に6回以上各「FPの家」のグループ毎に研修会、勉強会を実施しています。
25年間いまだに続いています。
何度もお伝えしていると思いますが、本当に性能の良い住宅とは「FPの家」を25年経験し
勉強してきた結果(今現在まで)
高断熱=高気密=24時間計画換気システム

上記の3つが出来ていないと長期に渡り結露しない温度差が無いまた省エネで良い住環境にならないと思います。
告知:来年の3月末で見学会を開催しています岡山EXPO アワーズタウン浦安本町
弊社のモデルハウス「家族暖段」=「ママがキレイになる家」
壁体内無結露50年保証の家(FPの家)好評販売中です。
モデルハウスの金額は交渉有りとさせて頂いています。
ぜんそく・冷え症・冬場肩こりがある方には是非体験して頂きたいと思います。

宿泊体験できるモデルハウスおかげさまで1月の週末は全て予約が入っています。
2月の宿泊体験も週末が予約が入って来ておりますのでホームページ確認の上で、連絡頂ければと思います。
マイクロバブルトルネード弊社モデルハウスにて体験できます。
   

☆ 皆さまのお越しをお待ちしております
まずは、
『 川上建設 』で検索ください。