投稿

FMくらしき「のりさんが行く!」
2017年1月放送

2017.1.27

改めまして、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。

年末、年始から冬とは思えない暖かい日が続きましたが、先週から極端に寒くなり、
県北、日本海側では何十年ぶりかの大雪にみまわれ大変な事になっております。

またインフルエンザも岡山県では大流行しておりますので、皆様 気を付けて下さいね^^
因みに、ラジオでは放送できませんが、私もインフルエンザA型に掛りました。
先週、弊社で蔓延してしまい私も移ってしまいました。ただ、39℃の高熱が出たのは3時間だけで後は
平熱で食欲も落ちず元気でしたが、今回のインフルエンザは高熱が続く方と続かない方がおられるみたいで、
自分で判断せず 病院で検査を受ける事をお勧めします。

今年の抱負=成 長と健康
今年に入りまして、弊社は創業70周年を迎えました。

去年初めて実戦経験した事を、今年は結果を出す年。
上記の事を達成する為には、会社の成長・経営者の成長・従業員全員の成長は必須

~誰の為に~
お客様の為に! 地域の為に!

やはり一番は今年も健康第一です。(健康でないと良い仕事が出来ません)
我々の仕事は現場の労働災害に繋がるからです。

毎年に同じ事ですが、今年一年健康第一で頑張って行きたいと思います。
その為には日頃から予防が大事だと思いますので、予防もしっかりしていきたいと思います。
毎日の予防のポイント( TV、ネット ) 住宅の話しとは違いますが!
風邪やインフルエンザの予防は、一般的に手洗いうがいですがそれ以上に口の中をキレイにする事です。
皆さんは歯磨きを、朝 昼 晩 と行っていると思いますが、舌を毎日磨いている人は少ないと思います。
歯ブラシで舌を磨くのはNGみたいです。
朝、歯磨きをするのも起きて直ぐが一番 効果的とも言われていました。
風邪やインフルエンザの予防は、朝起きて直ぐ歯磨きと舌磨き(裏も)と舌の上の部分をガーゼで拭くだけで、
予防効果が増すみたいです。

今一番ヒートショックが起こりやすい時期に突入!
今の時期が一番危険!ヒートショックが起こりやすい気温差になっています。

なぜ?
・室内でも温度差が大きいから( 10℃~20℃ )                             
・外気温と内気温の差が大きいこと                                   
・エアコン、ストーブを付けている居室と廊下、トイレ、浴室の気温差が大きい                    
・深夜、布団の中(28℃~30℃ )と、布団の外 ( 10℃前後 )、廊下( 8℃前後 )、トイレ( 6℃以下 ) の 温度差

身体の負担が非常に高いということです。温度差で血圧に変動が起こる

現在、私は22年前のFPの家( 気密レベル3.5~4 ) に住んでいますが、全館空調システムなので温度差がありません。
もちろん結露もしません。

皆さんに何度かお話をっしたかと思いますが、私の家にはコタツ、ストーブありません。(必要ない)
寝る時も毛布を出したこともありません。
睡眠前まで、エアコンを20℃設定で付けていて、室内全体が20℃になっています。
睡眠~起床までの時間はエアコンは消していますが、極端に朝の室内温度は下がっていません。
ただし、先週のように氷点下になると(気密レベルが悪いせいか)15℃、14℃に下がります。
それでも10℃を切る事はないです。ここで私が何を言いたいかと言うと、

室内の温度差が極端に変わらない住宅は、身体に与える影響が極端に違うという事です。

今の時期、朝寒いから布団から出られないとか、トイレに行きたくない(我慢しよう)あると思います。
断熱性能、気密性能が良い住宅は 上記の事は起こらないはずです。

~ 告知 ~

今週の土曜日、日曜日で比較構造見学会を総社市で行います。
詳しくは、弊社のHPに記載しております。見どころ満載なので是非、ご来場ください。
また、2月4日(土) 14:00~16:30 コンベックス岡山
岡山健康・省エネ シンポジュウム2017が開催されます。
主催 岡山健康・省エネ住宅推進協議会(国民会議)
詳しくは、HPに記載しております。是非、ご連絡下さい!
見学が可能となっております。
弊社のモデルハウス『 家族暖段 』 = 『 ママがキレイになる家 』
壁体内無結露 50年保証の家( FPの家 ) 好評見学開催中です。

宿泊体験も好評受付中でございます。
今後の宿泊体験のポイント
・室内空気環境の体験
・室内温度環境の違い
・室外と室内の音の体験
・マイクロバブルトルネードの体験
・冬場の体験