投稿

FMくらしき「のりさんが行く!」
2016年5月放送

2016.5.31

第75回FMくらしき「のりさんが行く」

今回の!!!
川上建設のこだわり:家造りに対する住環境
5月もゴールデンウィークも終わり後10日程で6月に入ります。既に沖縄県では梅雨入りし、
いよいよ暑い季節に入ります。
住宅の性能で一番大切な季節が梅雨、夏、冬場です。性能で一番大切な季節、梅雨と夏に突入
します。今年も暑くなりそうですよ!

なぜ大切かと言うと!
・湿度が高くなり、カビ、ダニ、ゴキブリ、シロアリの発生が一番活発になる時期
 (6月~7月)
・室内と室外の温度差があり一番光熱費が掛かる季節だからです。
湿度60%以上がカビ、ダニ、ゴキブリ、シロアリの発生が活発になる数字の目安です。

夏場の温度差
外気温35°~37° 天井裏60°以上
室内 26°~28°のエアコン
10°以上の温度差が夏場にもあります。
エアコンの普及により夏場の結露が発生している。
夏季の地下室や常時開放された倉庫などの床、エアコンがよく効いた部屋の冷たいものに高温多湿な外の空気が流れ込んで接触することで発生する。また冬型結露の逆で、エアコンでよく冷やされた建物では、外部の湿った空気が壁の内部に侵入し温度勾配の露点温度以下の部分で発生する。
結露は、皆さん目に見えた状態は冬場の窓、サッシ周りで見ることが多いと思います。
しかし、外皮に面している壁にも同じ状態が起こっているのです。
一番分かりやすく言いますと、冬場、夏場エアコンを付けた部屋の中の窓際に立った時に温度差を非常に感じると思います。外皮に面しています壁も同じです。夏場、冬場の壁にもたれてみてください。冬場は冷たい感じ、夏場は暑い感じが伝わってきます。

・結露は、「温度」「温度差」「湿度」などが原因で発生してしまいます。 これら、「温度」「温度差」「湿度」をコント      
 ロールすることで結露防止できるのです!
・住宅で結露が嫌な理由 1番:カビ、ダニの発生 2番:カーテンが汚れる 3番:クロス壁などが傷む 4番:臭う 5番:体調が 
 悪くなる 6番:気分が悪くなる 「結露は人体の健康に害をもたらし、家を汚して傷める。」
・ちなみに、湿度0%の場合はどんなに空気の温度が下がっても、溢れ出る水蒸気はないので結露は発生しません。
 結露しにくくするには!
・室内と室外の温度差を遮断する。断熱・気密・断熱サッシ
・24時間換気(室内の空気が常に動いている状態)
・夏場は、室内の湿度を下げる。エアコン除湿
 リフォームでも実現可能です!

断熱改修工事
・壁、床、天井の断熱材の改修(30年以上の住宅は断熱材が入っていない家が多いです)
・窓の断熱化(複層硝子、遮熱硝子、断熱硝子)
弊社の「炭の家」、「FPの家」は、断熱、気密、換気のこだわりで結露しない家、結露しにくい家
を実現します。

FPの家は、壁体内無結露保証50年お客様に発行しています。
壁体内無結露保証50年の条件
・FPパネル(硬質ウレタン)105㎜又60㎜
・窓オール樹脂サッシ12㎜の複層硝子
・換気システム:指定の換気システム 第1種換気システム、第3種換気システム

炭の家(結露しにくい家)
・吹付硬質ウレタン
・樹脂サッシ12㎜複層硝子
・換気システム:2種換気システム(特許品)
・炭の調湿効果(臭いや調湿)

結露しにくい家を実現するには、断熱、気密、換気
梅雨時期や夏場はエアコンの除湿が不可欠です。
ただこれからの季節は、熱中症が起こりやすい季節です。
絶対に我慢しないようにエアコンを掛けましょう。

告知です***
弊社のモデルハウス「家族暖段」=「ママがキレイになる家」
壁体内無結露50年保証の家(FPの家)好評見学開催中です。
宿泊体験も好評受付中でございます

今後の宿泊体験のポイント
・室内の空気環境の体験
・室内の温度環境の体験
・室外と室内の音の体験
・マイクロバブルトルネードの体験
 冬場の体験

修理~リフォーム工事まで20,000件以上の実績 川上建設(株)